申し入れの様子


5月1日、石川県土木部公園緑地課に、計画中止を申し入れた際の動画です。

 

Video streaming by Ustream

以下、文字起こしです。

05.01.2013
中央公園再整備計画 木の伐採中止を石川県に申し入れ

(挨拶、紹介)(熊野)私は金沢市の市民の熊野盛夫と申します。たまたま僕の所に、市民の方から電話をいただいて、中央公園の再整備計画で、45本の木が切られるということで、僕たちとしては心中穏やかではないということで呼びかけました。平日で、来たいけれども来られない人もたくさんいる中で、代表として僕たちが要望書をお持ちしました。
(申し入れ文書を読む、省略)お願いします。
県)土木部の次長で県の公園緑地課長をしております丸山です。今日はこういったご意見ありがとうございます。今お聞きした回答については、
熊野)一応期限があるんですけど、僕らの希望として
県)申し入れの回答の送付先は熊野さんということで、私のほうで検討させていただいて、しっかりと回答をさせていただきます。

県)5月7日ということですけど、中央公園の再整備に至った経緯を私どもが予定してる内容について、連休明けに伐採、という内容も含めてお話しします。この再整備云々という話をしておりますのは平成15年、広阪通り、中央公園の再整備計画、そこに○○委員会というのがありまして、そこでいろいろな議論がなされたのが発端です。中央公園が昭和43年にオープンしましてから45年近くたっておりますけど、当初は都市の中で唯一本格的な都市公園の走りで、当時やはり街の中の緑の広場、やはり集会、イベント、もっとさかのぼりますと当時兼六園でやってたイベントを、とにかく兼六園ではまずい、ということで都市の中で緑の中にみんなが集まれる広場をつくるという戦後金沢大学医学部キャンパスとしてつかっておりまして、その後、今は角間ですが城内に移ったという経緯。 当時かなり植栽をしております
そんな経緯がございまして
平成15年になりまして、老朽化してきまして当時植えた植栽が、、中が見えにくい(?)当時も今後どうすべきかの議論がありましたひとつは都市型のイベントなどに使えるように改装して、もう一つはそのままで、という議論が
その時は周りの環境と合わせて検討しましょう、ということでここ2,3年の動きですが隣の県庁跡地がしいのき迎賓館を中心とする緑地化の整備をしました。
向かって右側のほうが整備がすでに終わってますが、向って左側、中央公園側のほうが今駐車場になっています。地下の駐車場を作ることに。今ある駐車場を芝生の方に整備するということで、これも具体化するということで中央公園の再整備について今議論がされています…
イベント関係者や利用する人からもいろんな声があり議会のほうでも平成23年の9月にこちらのほうが整備をされてきたということに合わせて、中央公園のぬかるみをどうするかという…
防犯について。消防は再整備に合わせて配置換え。夜間ライトだけ付ければいいとうのではなくて茂みになってるのでそういった観点からも整備が必要かと。それから真ん中の芝生。当初芝生の管理をしていたがイベントをするうちに管理が難しくなってきた。
いろいろ含めて全体で再整備計画を議会で提案。
公園の整備案を説明。緑の取り扱い方の説明。レイアウト、しいのきと香林坊側を一本化すること。(説明)

木の根っこが地上を張っています。危ない。木にとっても良くない。今は人が自由に出入りできるが、出入りできないようにしたい。

連休明けに樹木の伐採が始まるというが、現地に業者が入るが7日8日にすぐに始まるわけではない。伐採についてはまだ先。

34:19}皆さんの思いを一言。熊野)公園の形とか歴史をしっかりと捉えられていると思うのですが。そこを利用する県民、旅行に来た人、座ってる人。僕らは情報を聞いてから徹底的に中央公園でいろんな人の話を聞いてそれを届けようと来たのですけど、ここでお子さんをお連れのお母さんたちの「子供を緑の中で遊ばせたい。それには木陰が必要だ」という意見。また、登山が好きな高齢の方の意見では、中央公園に来て感じられることは、登山で感じる山の木からもらうエネルギーを中央公園の木や根っこからもらっている、という話をして下さる方がいられました。登山したいけど高齢で難しい。そんな人が中央公園に来て木に触れる。あるいは45年、木と共に市民県民が生きてきた。あまりにも何気ないけど、市民県民の人生そのもの。僕たちよりよりも木のほうが生きていく。何世代にもわたってその木が見つめていく。それが文化になる。人間がイベントをしたから文化なのではなく、そこに木があるから人が集まる。マラソンする人などから聞いた話。きれいに枯草を整備しているが、枯草をきれいにしすぎるから、養分が循環しないのでは。森の木は落ち葉で土も育ってくる。水がぬかるみになることについて。アスファルト化ではなくて、土にしたままうまく○○排水を使って水を抜く方法。緑を残したままの排水ができるのではないか。皆さん中央公園の緑に対してすごい思いが集まっている。その気持ちを大事にしてほしい。
37:59}単純な質問。今伐採する木は、人的に植えられた木だというが。45年以上の年輪のある木なんですよね。今切ってしまうと、また4そういう樹木を作ろうかとすると45年かかるんですよね。今の丁寧な説明で、45本がひっかかりますか?道の真ん中、イベントしやすいように、として45本も?道を遮るのは仕方ないとしても、できるだけ残す方法を考えるべき。何でも一直線にするものではない。
40:00}僕たちも県の人たちも中央公園を愛してより良くしたいという気持ちは一致していますが、僕は今回のアイデアはいただけないと思う。なぜかというと、イベントが中心になっているからです。地面がぬかるんでイベントをやりにくいというが、公園がはじめにあって、公園を大切に使いながらイベントをするのが筋。イベントをする人は使った後にきれいに戻すべき。それよりも、県民の意見を聞くべき。イベントをする人はきれいに使う責任公園は人々が憩うために存在する。 イベントのために存在するのではない。緑を大事にするように発想を転換してほしい。

42:02}着土や水はけは対策できる。防犯については、アメリカのボストンやニューヨークのセントラルパークを見てきましたが、市民が自覚・プライドを持って管理する場面がある。市民が参加して朝から夜までいるような方法もあってよいのではないかイベントは芝生広場ができてるので、そんな場所に移すのが可能四高の先輩方の意見も取り入れるといい
43:25}熊野)さっきのイメージ図は結構ありがちな公園ですよね。今、新幹線が開業するにあたって、金沢にしかない公園を考えていくときに。やっぱり金沢は雨が降る。やっぱりぬかるむ土地柄なんですよね。そしたらイベントのときに、金沢名物の長靴みたいな。そういいうのを石川県がプロデュースして、この長靴は石川県の長靴だ!ということで。それにちょっと金箔をほどこしてみるとか。(笑)いろいろな発想でマイナス面をどうプラスにするか。しかもそれをなるべく予算を使わないずにやって、履いてる人はこの長靴楽しいな、ぬかるみ楽しいな、と思えるくらいの、もっと広く、公園の中だけに集中するのではなくてみんなが楽しめるような。人も楽しいし、木も楽しいし。

44:30}震災があって、みんな命にすごく敏感になってると思うんですよ。金沢市民の人も、長い冬を越えて、やっと芽吹いた木ですごく憩いを感じている。風が気持ちよくて。気持の面なんですけど、それを切るということは、人々の気持ちを切るということと同じです。物質だけじゃなくて、物質でないものも感じながら、都市計画をしていただきたいと思っています。
45:08}あさだ)福島から金沢に避難してきまして、3年目です。金沢って、なんて贅沢な街なんだろうと実感しています。それは何かというと、公園の中に都市がある。中央公園が 今の状況にはまることなく常に新しい方へいい方へ向かっていこうという県の姿勢はありがたいと思います。しかしその方向が気になります。ホームページには大木は切りませんと書いてありますが。実際中央公園に行ってみてきました。普段、妻とも手をつないだことはありませんが、ある木は、一人では とてもじゃないけど。妻とやっと両手がつながった。そんな木が伐採の対象になっています。それは大木だと私は思う。大木を切らないと言って実際には計画に入っているのでは?二つ目は、公園は、なにも直線通路でなくてよい。大木を避けた曲がりくねった道こそ、憩いの場になるのではないか。三つ目は、芝生が傷んでいると。透水性の舗装にしたいといいますが、いきなり舗装に行ってしまうのではなくてたとえば、竹のチップを敷くというような方法もあるんじゃないか。皇太子ご夫妻が福島県のいわばんだいに行かれた時に木のチップを敷かれた。本当に膝にやさしい。これこそ天然のじゅうたん。金沢にはたくさんの竹林があり材料には困らないはず。芝生が駄目だから舗装、ではなくてほかの形で考えてほしい。本当に県も県民もいろんなことを考えてありがたいですが、何のためにかもう一度考えて是非とも贅沢な金沢の空間を将来に残してほしいです。
49:12}水口)赤いテープ、ピンク。黄色水色の色の違いは?
県)特段意味はございません。発注した業者さんが手持ちのテープを使ったということです。

49:40}軽部)とりあえず今のところ、何かの邪魔になるところの対象の木ということですか?
県)そうです。
49:55}のむら)(聞き取れませんが木の本数について尋ねています)今高さが2メーター以上の木で考えますと、約920本
50:30}できるだけ工事ありきではなくて、できるだけ残すように検討願いたいと思いますね。
51:00}二年前に広阪庁舎(生涯学習センター)のところを解体撤去した。その時も、私たちはあの建物は残すべきだ、と。迎賓館前に来た人たちが雨風をしのぐ。そして3.11の大震災がありましたけど、被災された人たちが集まれるようなコミュニティの場としても残すべきだ、ということを県のほうに申し入れしたことがあります。これには一万名を超える署名賛同者がありました。しかし、それは現在まったく無視されて、そしてそこを地下駐車場にする。芝生をはる。こういう経緯があり、さらに今回、中央公園の本来の姿を大きく損なうかたちでやることについて、非常に大きな問題がある。
二番目としては、 すでに公園には立て看板が何本か立っています。工事をしますということが、5月8日からは入れませんという形になってます。この問題をほとんどの人が知ったのは一週間前。考える間もなしに、しゃにむに遂行するということが何よりも問題だ。45年間で中央公園がくたびれてきたのではなくて、なじんできたのですよ。木自身が、自然として。そこに私たちが行くことによってなじんでいるのです。皆さんは、議会そのほかでいろいろと検討されてきた結果を受けて執行する立場と思いますが県民、市民の皆さんの民意を問うたことがあるか?議員は代表者ではあるが主体的な暮らしをしている県民市民、または旅行者はそういう立場にはない実際利用している人にきいてみました。必ずしも、金沢市内の人ではないです。いろんな人みなさん「えっ!?」と言っています決まったこととして、皆さんに、「こういう計画なんだ」「これでやっていきたいと思うけど、一部に疑問も出てきたが、皆さんどうでしょうか?」という問いかけをぜひしてください。(拍手)それをしないと皆さん納得できないと思います。大きな損失だと思います。

55:50}軽部)どこがアスファルトになるか教えてもらえますか。大通りの部分はアスファルト…
山崎)そこはしてほしくないですね…透水性でも何でも… そこで公園として歩いていこうという、気持ちいい気持ちにはなれないと思います。

56:42}軽部)先ほどからお話聞いていると、すごく県民のことを考えていろんなことをやってくださってありがたいんですけど、やっぱり、普通の一般家庭でも、親が子供のために考えてそれがどれだけ嬉しいか、という所にたぶん誤差が生まれると思うんですけど、今回まさにそうだと思ってたとえばアスファルトでないと木の根っこで子供が転ぶ。ぬかるみでぐちゃぐちゃになる。でも私は、人間としてすごく自然な行為だと思うんですね。木の根っこで転べない子供ってすごく不幸だと思うんです。あと、ぬかるみを感じることができない、これから生きていく人達、かわいそうでならないんですね。あまりにも自然を奪ってしまった時の人々の心理っていうのを…昔本で読んだんですけど、自然学者のすずきだいてつさんが、木を伐採してる場面を見て、「こんなに木を切ったら、人が狂うぞ」と言葉を言われたそうです。私はまさに、科学的には証明されないかもしれないけどすごく共感を受けて、木を簡単に切れる大人たちの住む世の中って何だろう、と思います。もともとの、本来私たちが望むのは、未来の人たちにとっていい環境を残したいというのは、ここにいるみんなの思いで 同じだと思うんですよね。 その方向性が違う。先ほどの、この木を守るために囲って、人が入らないようにするというのがありますね私はそれを望んでるのではなく、やっぱり木と一緒に成長したいし、切り離されたくないんです。その切り離されない、素晴らしい空間というのがこの中央公園だと思います。あとこのしいのき迎賓館のほうにきれいな芝生があるんですけど、この芝生奇麗でしょ?美しいでしょ、と言われても、夏は暑くて、寝ころびたいとは思えない。お花がきれいに咲いていても、暑い、もうダメ、って風になってしまう。せっかくの皆さんの愛情が全然伝わらなくてもったいないと思うんですね。その愛情をうまく伝えあうにはコミュニケーションが必要だと思うんですね。私も、この数日間で、「木がきられるらしいよ、アスファルトになるらしいよ」と伝えて、一人も「それは素晴らしい」という人には出合いませんでした。みんな「何で?どうして?わかんない、そんなの嫌や、」子供も「芝生のほうがいい、地面のほうがいい」という人ばっかりなんですね。誰の幸せのため?なんなのか、みんな混乱しています。それをわかってください。

01:00:25}私熊野さんと一緒に金沢森づくり学校というのをやっていたんです。ドングリをいろんな所に植えて、街の中に森を作ろうという運動を10年か15年前にしてたんです。それはすごくいい運動で、その後も続けておりますけど、せっかく出来てる森を、縮小しちゃって、イベントを始めようという企画はよろしくないと思います。私はしいのき迎賓館でシティーカレッジという県の授業を9年ほどうけています。ですから私はあの辺のことはわかっているんですがあそこの人通りが少なくなっている原因のひとつには、ほかにもともと使っていたような庁舎がどんどん壊されて、人が集まれる場所がなくなっちゃうから人が来なくなるわけでしょう実際今のシティーカレッジも授業数が減ってます。人が集まれる場所が必要なのに、イベントとしてではなく日常的に集まれる場所が必要だと思います。あの森はすごくいいところなので、イベントをやるところではないと思います。私はイベントには反対で、日曜日に行くとうるさくてしょうがない。イベントをやらなくても人が憩える場所としてあそこを残してほしい。

01:02:47}金沢城公園が整備される時にすごくたくさんの木が切られたと思うんですね。歴史博物館と県立美術館の間のスペースで、美術館に近い側の木がかなり切られて、芝生の部分の煉瓦敷きの部分は、何に使うのかな?と思うような広いスペースですが美術館と歴史博物館の間は木が切られるのは知らなくて、囲われていて、公園を整備するといったら、すぐ木を切るそれを元通りにするのはできないのにもっと考えてやってほしい
金沢に最初来たときは、街中に緑があっていいなぁと思ったのですが、その緑がどんどん減っている4,5本切るだけでも大変なのに45本も

01:05:28}ガリガリ君)石川県のHPの簡略化をしてほしいこのニュースがトップにあがってないのがおかしいほとんどの人が知らない状態なのに、石川県はこういうことをしようとすることは倫理に反していると思う住民税を納めているのですから、こういうことをやりますとちゃんと伝えてほしい

01:06:43}兼六園の木を一本切るといったら大問題になりますよね。僕は中央公園の木にも同じ意味、価値はあると思います。1本も切らないでいてほしいです。

以上で申し入れを終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>